homeへ › 雑談 › なんとも理不尽なお話。

▼コメント投稿欄へ
2020-05-17 (Sun) filix

なんとも理不尽なお話。

このところ、緊急事態宣言が解除になったおかげなのか
混雑が減りまして、三密が二密くらいになった気がします。

こんばんは。

人が、大型店舗に流れたのか
はたまた、外食に流れたのか
よく分かりませんが
私にとっては、とても働きやすくなりました。

お客様も周知されたのか、マイバッグのお断りも
怒る方も少なくなりました。
いやー、よかったよかった。

で、そのコロナ対策の一環で
お金のやり取りをトレーの上にて行う

というものがあるのですが

先日、お会計を済ませたあと
次のお客様の対応をしてふとトレー上を見ると
そこに謎の千円札を発見。
これは一体??となりました。
そうしたら、その場にいたお客様が
『前にいた老夫婦が忘れて行きましたよ』
って…

えええええええ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

追いかけたけど、老夫婦はすでに去った後。

お釣りは7400円。
で、レシートと6400円だけ持って
なぜか千円だけ、忘れて行ってしまった。

現金支払いだし、どうにもならず結局『違算』に。

千円以上だと、『違算報告書』なるものを
書かないといけないのですが
なんか、もやっと。

私、ちゃんとお釣りの金額も伝えましたし
指折りお札も小銭も数えましたし
ご確認をお願いしますって、言いましたよね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

手渡ししていたら絶対ないのにいいいい。

カード類もいつも、必ず取り忘れないように
確認しているのだけど

でも店長は、お見送りまでしましたか?って。

はい、そうです。私が悪かったのですよ。

でも、でもね。
言い訳させてもらうと
あのレジの大混雑で、のらのらレジ打っていられなかったという事実。
何度もレジ応援を呼び
毎日350人は優に超える人数を捌いていたんです。
多い時は400人
そしてお一人様のお会計が、平均1万円を超える額。
カゴにしたら2カゴ〜3カゴは当たり前でした。

でも。全部言い訳なんですね。
接客とはそういうものなのです。多分。←納得できないけど。
結局泣く泣く『違算報告書』を書きまして
原因と対策と反省文を書きましたー。

凹凹凹凹凹

で、文を簡潔にまとめ提出したのだけど、店長からだめだし。

『ビッチリと余白を埋めて下さい。』

えーΣ(-᷅_-᷄๑)
これ以上何を書けと?
原因も反省も対策も、文がダラダラと
長けりゃいいってもんでもないでしょー。
もう、ごめんなさいを余白に全部書いたろか。

結局、頑張ってダラダラと文を伸ばして余白を埋めました。

2度目も、
『この文の。の後の空白も埋めないとダメなんですよねー』って。

………おい。

私の中の小さなヤンキーがむくむくと…←×

店長、防犯カメラまで確認して、
浜ちゃんさん、ちゃんとお渡ししてますね。って
言ったじゃないですか( *`ω´)

100パーセント
私が悪けりゃ反省のしようもあるけど、私ちゃんと伝えましたし
これ以上書くことありません。
これから気をつけますから勘弁してください。
って言ったら
ニヤニヤ笑って、まあ、良しとしますって。

_(:3 」∠)_ちくしょー。

以前、QUICPayの受け渡しでも
同僚さん、怒られてたことをふと思い出しました。
クイックペイって、私たち店員が何も触れることなく
お客さまご自身でカードとかスマホなんかを端末にかざして
お支払いいただくシステムなんですけど。

この時はカードをかざしたあと、お客様が端末にカードを置き忘れてお帰りになられたんですよね。
カードは置くんじゃない、かざすんですyo☆
で、そのあと、受け取りに来たお客様が
『お前たちがちゃんと渡さないから悪い』と、クレームに。

その後、お店の端末は置く→立てるに、置き直されました。

そしたら、今度は
端末を立てたことに腹を立てるお客様がいらっしゃって
端末を掴んで投げつける人もいました。
ちょっと待てい。
こんなの、もはや、お客さまじゃないでしょ。

なんとも納得いかないこと、たくさんあります。

お客様の大切なお金やカード類は
私たちが管理すべきでしょうか?
ここは銀行ですか?

とある同僚さんが
『お客さんが忘れていったのに浜ちゃんが違算報告書書くの?!』
ってびっくりしてました。
だから、
『混んでいても、もうゆっくりやろう。いいじゃん、密でも。始末書、書くのなんか損だよ。』って、愚痴っちゃいました。
そしたらその同僚さん
『そのままポケットに入れちゃえば
こんなの書かなかくて済んだのにね。』って、笑って冗談も。

いやまて。

…ほんとだわ。←こら。



最近接客が嫌いです。

本当に心底嫌いになりつつあります。
少し、考え時なのかもしれません。






最終更新日 : 2020-05-18