homeへ › 自然現象 › ゼロ磁場。

▼コメント投稿欄へ
2019-09-14 (Sat) filix

ゼロ磁場。

お天気はまあまあ。





今日はかねてから





計画していたところへ。









こちら。





長野県にある『分杭峠』









色々あって、出発が遅くなり





ついたのは最終のシャトルバスが





出た直後でした。





分杭峠に行くには、第三の磁場にある駐車場から出ている





シャトルバス(800円/大人)に乗るしか





方法がありません。





今回は諦めるしかないかー。





というわけで





諦めてひとまず第三の磁場









こちらへ。





なにやら歩いてお店の中に入って行くと





手のひらがピリピリ。





痺れてる感覚。









ずーっと同じ格好してて





手が痺れているような





そんな感覚です。





ピリピリ、チクチク。





そうしたら、ここ(テーブル)に手を下にしてかざしてください。





手のひらがピリピリしませんか?





と書いてあって。





あー、これか!





他にも





ここの机上に





コンパスが置いてあって





右と左、置く場所を変えると





なんとなんと、方位磁石が180°反転するのでした。













分杭峠とは





巨大断層中央構造線上に位置し





長野伊那市長谷と下伊那郡大鹿村との境にあります。





海抜1424m





秋葉街道にあり、火の神様を奉る





遠州、秋葉神社への信仰の道の峠の1つだったそうです。













道中、遠かったなー。





また来るの大変そうだなー。なんて





ちょっと残念に思っていましたら





お店でおばあさんとお水を売っていた





小学生の女の子が





3時半を過ぎたら





車で行ってもいいですよ。





道路に車を止めることになりますけどね。





とこっそり教えてくださいました。





今日は後二本しかない、というお水を





お土産に買いまして













パワースポットということもあり





今回は申し訳ないけど車で…





と、細い細い山道を





車で進みました。









果たして、分杭峠とは。

























↑こういうことらしいです。←×









↑その谷がコレ。









気場。





ここに来る道中、さっきの手のピリピリが





ビリビリと強めに。





もう、途中から腕の方まで痛い。





電気風呂に手を入れてるみたい。





でも、座るところに来たら急に弱まり





じんじんするくらいになりました。





まあ、不思議な場所なのかもしれません。





共鳴した人が撮るような





ピンク色の写真は撮れませんでしたが





楽しむことができました。





ーおまけー









お昼ご飯は信州そば食べ放題(1400円)





浜は、ふつうに山菜そば♪









ここね。…どこ??

























有名人がたくさん来たようです。





最高記録は15枚。





入り口に書いてありました。









ソフトクリームと





お買い得傷りんご





しめじ山盛り170円





お買い上げ。





ようやく念願を果たしました。





連れて行ってくれたおやっさんとあにきくんに





感謝感謝のラーメン、チャーハンを奢り













本日は終了ー。







また、楽しいところ探して行ってきたいと思います。



















最終更新日 : 2020-01-28

Comment











←非公開にするにはチェックボックスにチェックを入れてください。


★管理人に直接連絡する場合はメールフォームをご利用下さい。
  スマホの方は右上の≡ボタンを押すと見つかります。